AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/04/27
  • AnimeandManga編集部

大人気のコンパクトSUV。世界のマーケットはどうなのか?

意外や意外、日本は世界でも最もSUV比率が低い!

いま日本で一番売れているSUVがトヨタC-HRだ。
いま日本で一番売れているSUVは……トヨタC-HRだ。
2017年3月の登録台数が1万6816台で、ノート、プリウス、アクアに続く第4位。
スバルXVの発売で、さらに人気が上昇するコンパクトSUV。
では、世界ではどうか?
IHS Markit Automotiveの川野義昭氏(日本・韓国ビークル・セールス・フォーキャスト マネージャー)にコンパクトSUVのマーケット予想&分析をお願いした。
意外や、日本はSUV比率が非常に低いマーケットなのだ。

日本ではSUVよりMPVのシェアが大きい。

意外にも、世界で日本ほどSUV比率が低い市場はない。アメリカは半数がSUV。中国も38%がSUVだ。日本は17%(いずれも2016年データ)。

なぜか?

「日本に関しては、他国と比べて高いMPV比率が要因のひとつと考えます。小型車でも特にスライドドアを中心としたMPV車種が豊富で各メーカーもMPVタイプ(いわゆる背が高く、特に2列目の乗り降りがしやすく使い勝手のよい実用的なミニバン)を何らかの形で持っており実際に市場でも人気を博していることが理由となります。特に駐車場の狭い日本では子育て世代におけるユーザーの層の厚さや子供がいきなりドアを開けて隣に止めてある車をキズつけないように親(ユーザー)が配慮するなど特有な事情も関連しているとみられます」(川野氏)

というように、MPVの比率が16年で21.8%と高いのが日本市場の特徴だ。ちなみに、グローバルでのB/Cセグメントに占めるMPVの割合は6.0%に過ぎない。

「確かに一部にはデザイン上の観点でミニバンを敬遠するようなファミリー層は存在するとみられますが、世界に比べてSUVが嫌いな層が日本に特段多いというわけでもなさそうです。もちろん、マツダのように海外比率の高まり等でMPVからSUV注力のシフトが見られるなど環境変化・商品の再構成はありますが、上記の理由で間接的には一部MPVとSUVが競合(あるいは棲み分け)している珍しい市場のひとつかと思われます」(川野氏)

自動車業界の最新情報をお届けします!

関連キーワード


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
http://oncesearch.com

swiss-apo.com

https://start-sport.com.ua/mjachi/volejbol-nye-mjachi